光の定義2019-08-15T07:11:35+00:00

ルーメン、ルクス、ワットの違いは?

Things to remember about light

このページでルーメン、ルクス、ワットについてもっと読む
新しいハンドライトやヘッドライトを購入するとき、使用されるさまざまな用語に戸惑うことがあるかもしれません。このページでは頻出するルーメン、ルクス、ワットの3つの用語についてもっと知ることができます。

押さえておくべきポイント:

  •  多くの製品は、実際の光量よりも大きなルーメン値を記載していることがあります。
  • ライトを探す時は、ワット数ではなくルーメン値を参考にしてください。
  • ルーメンは光の総量を表します。
  • ルクスは照らされた場所の照度を表します。
  • ルーメンは目に見える光と同等ではありません。
Light sphere used to measure lumens

視覚的ライトカーブ

ルーメン、ランタイム、ライトカーブ

ニーズに最適なヘッドライトやハンドライトを見つけたいのなら、ライトが稼働中全体にわたってどのように機能するかを調べることが重要です。これが、私たちがすべての製品のライトカーブを公開する理由です。下のビデオでは、2倍のルーメン値で販売されている競合他社のヘッドライトに対して、当社の充電式V3proがどのように機能するかをご覧いただけます。

時間とルーメン、ライトカーブに注目してください。

ルーメンと光

ルーメンは、光束としても知られている光の単位です。

ルーメン(LM)は測定単位で、ハンドライトやヘッドライトから放射される光の総量を示します。つまり、ルーメンが大きいほど明るくなります。
当社が製品の検査・比較を行う際に、光の出力量を見るのにルーメンを使用します。しかし、ルーメンは光の情報のほんの一部に過ぎません。完全なビームパターンを作成しても、光の出力がどのようになるかを示すのに十分な情報は明らかになりません。そのため、ルクスメーターを使う必要があります。

ルーメンの量を測定するときは、非常に特殊なライト(球形光束計)を使用します。Suprabeamでは製品が完璧で、お約束した製品を提供できるように、工場と本社にそれぞれ1つずつ持っています。

ほとんどのハンドライトやヘッドライトはすぐにルーメンが低下して、記載されているルーメン値よりもかなり低くなってしまいます。当社製品ではこのようなことが起こるのを防ぐために、当社ではすべての製品に対して光のテストを実施してルーメン数が正しいことを確認しています。安定した光出力を得るために、電池寿命が尽きるまで、最高の明るさが得られるようにしています。

Light sphere used to measure lumens

ルクスと強度

ルクスは、照らされている面が考慮された光の測定単位です。1ルクスは1ルーメン/平方メートルに等しく、別の表現を使うと – 特定の面に対する光度を表す単位といえます。

ルクスは照らされた面積の照度を測定するのに使われます – 1ルクスは1ルーメン/平方メートルと等しいです。この単位を使うことで、可視光の総量と表面の照度を測定できます。

ルクスを採用しているのは、光束の明るさとして人間が知覚するものを効率的に測定できるからです。光出力が小さな面に集中している場合、その光はとても明るい光として見えます。光出力が幅の広い光束として広い範囲に拡散する場合、その光は弱く感じられます。そのため当社では、アルミニウムを加工して作った反射鏡と、光路をコントロールする高品質な光学レンズを使って、光漏れを最小限に抑えながら必要な光束を作成します。

Red lux meter used to measure light intensity
Light bulb emitting lumens

ワットを使ってハンドライトの電力を測定できますか?

ワットとは消費電力の単位です。

答えは「いいえ」です。ワットは、製品がどれだけのエネルギーを消費するのかを示しています。どんなライトを購入するときでもワット数を見ても明るさがわかるわけではありません。

電池を消費する速さを示すだけで、放出される光量を示すものではないからです。

1ワットのハロゲンと1ワットのLEDが同じ光量を生成しないことも重要です。 LEDチップはハロゲン電球よりも効率的で、非常に多くのエネルギーを光に変換します。

より多くの電力を消費すればするほど多くの熱が発生し、熱は常にエネルギーの損失を招くことになることになります。だからこそ、当社のハンドライトやヘッドライトのすべてに、装置全体を活用して、熱を効率的に発散する、特殊なヒートシンク構造を装備しています。この構造により、長期間にわたって安定した高光出力の光が確保され、LEDチップの寿命が長くなります。

どのくらいの光を放ちますか?

光の量はお使いの光源により異なります

ライトが放つ光の量を具体的に知るには、ルーメンの量が実際にどれだけかを理解することが必要です。図では、様々な光源とそれらが発する光の量をルーメンで見ることができます。

どれくらいの光を必要とするかの参照として、この図を利用してください。しかし、他の多くの製造会社が、製品が実際に供給できるよりも高いルーメン数を提示していることもあります。事前に購入する製品のライトカーブを確認する事をお勧めします。また、もしライトカーブの掲載が無い場合は、製造会社に確認してみてください。

Graph that visualizes how many lumens different familiar items produce